スタートアップピッチ応募者募集中!

遅咲きの大成功者たちをまとめた勇気の出るインフォグラフィックと、人々が遅咲きになってしまう5つの理由:何か(スタートアップも含めて!)を始めるのに遅過ぎることはない!


今日の話題はFunders and Foundersから。遅咲きの成功者たちをまとめたインフォグラフィックが、勇気が出るので翻訳してシェアします。もし周りに年齢を気にして何かを躊躇している人がいたら、ぜひ教えて上げて下さい。

====以下、翻訳====
世の中には通常予期されるよりも人生の遅い段階であるスキルが熟練に達する「遅咲き」な人たちがいます。キーワードは”予期されるよりも”という部分です。

学びと成功と年齢

学校は機械的であるが、学ぶ事はそうではない。

19世紀以来、教育というものが初めてスタンダードになり、人々の中で学びのイメージが年齢と強く結びついてしまいました。その頃も今も学校システムは工場のモデルを踏襲しています – 人々は製造スケジュールに基づいた「バッチ(1束)」の中で教育を受けているのです。

例えば、もしあなたが7歳になったら(工場的に言うと7年前に製造されたら)それが意味するのは九九を覚える時が来たと言う事です。そしてあなたが10歳になった時にその九九を覚えていなかったら不良品のバッチに入れられてしまいます。完璧なロジックです。しかし、多くの人が人生でそれが誤りであることを証明してきました。彼らは歳をとってからスキルをマスターしたのです。彼らは遅咲きの成功者たちです。どんな人がいて、何をやったのかを見てみましょう。

外国語を人生の後の方で学ぶ:20歳で全く英語が話せなかった

Joseph Conrad(ジョセフ・コンラッド、英文作家)は39歳の頃に英文学の大家になりましたがJosephが20歳の頃には英語が全く話せなかったということを知っている人はほとんどいません。彼はポーランド語とフランス語が流暢で、現在のウクライナにあたる当時のポーランドの一地域で育ちました。彼は英語を海で学んだのです。彼が執筆を始めた時、Joseph自身と彼のエージェントはJosephの英語力で読者とコミュニケーションすることをためらいました。そのころは歴史上最も階級社会の強かった時代でしたから。結局彼の異質さは特長であると証明され、彼の執筆スタイルは彼を象徴するものになりました。

人々が遅咲きになるいくつかの理由

両親の要因

遅咲きの成功者の人生の環境は、もし環境が異なったらもっと早くに成功出来ていたかもしれないことを示唆しています。Paul Cezanne(ポール・セザンヌ、ポスト印象派の画家)の父はPaulが自分と同じように銀行員になって欲しいと想像し、芸術を学びたいという計画に反対しました。これにより恐らくPaulの芸術家としての教育が遅れてしまった可能性があります。もちろん、もしあなたが何かを本当にやりたいと思っていたら、両親でもあなたを止める事は出来ないのですが。

地理的要因

Joseph Conradは英語を話さない国に生まれましたために英語の学習が遅れました。(一方、究極的にはこれこそが彼のアドバンテージになったわけです、何故なら彼オリジナルのエキゾチックな作風は決して英国に生まれていたら生み出せなかったはずですから。)

金銭的要因

Sylvester Stallone(シルベスター・スタローン、俳優)はもともと俳優になりたかったのですがアパートから強制立ち退きを迫られてしまったため、ソフトなポルノ映画の役をやって2日の仕事で200ドルを得るという仕事をやらざるを得ませんでした。これが彼の大ヒットである「ロッキー」を遅らせたかもしれません。

非「夢の仕事」要因

何人かの人にはもっと些細な理由だったりします。彼らは単に間違っているけれどよい仕事に長い間就き過ぎたのです。Reid Hoffman(リード・ギャレット・ホフマン、Linkedinの共同創業者)はPaypalでの成功を楽しんでいました。Martha Stewart(マーサ・スチュワート、ライフコーディネータ) は株のブローカーとして成功していました。Julia Child(ジュリア・チャイルド)は政府の安定した仕事に就いていました。しかし彼らのその後の人生が示すのは、彼らはもっともっと出来たということでした。

情報不足の要因

Fauja Singh(フルマラソンの最高齢世界記録ファウジャ・シン)はランニングが自分の人生だと知っていましたが、それは自分の息子が飛んで来た金属片に当たって死んだ後でした。Faujaは人生を違う視点で観るようになりました。最初は落ち込みましたが、その後インドからイギリスに移り住み、そこで「マラソン」が何なのかを知ったのです。彼は最初にトレーニングを開始する際にマラソンは26キロだと思っていたそうです。後にそれは26マイル(41キロメートル)を26キロだと思っていたと分かりました。彼は今でも、100歳を越えても走っています。時に、知らないことは幸せなのです。

学ぶには遅過ぎる、なんてことがあるか?

人生の後期で何かを学ぶ事は、若くて才能のある人々と比べた時に勝ち目の薄い勝負のように聞こえてしまうかもしれません。分かります。しかしこれには裏があって、必ずしも早くから始めることが後から始めることと比べて優れているということはないということです。シルベスター・スタローンが10代に俳優業をスタートしていたら今よりダメな俳優になっていたと言える可能性は?Julia Childが30歳から料理を始めていたら今よりダメな料理家になっていた可能性は?Fauja Singhについては簡単ですね、もう優勝してマラソンを辞めているだけでしょう。

補足:遅咲きが少ない領域

フェアにするために。遅咲きの成功者は、音楽やコンピュータ・サイエンスの領域ではレアケースです。私たちは必死にに探しましたがまだ探せていません。もしそういう人がいたら、私たちに連絡をください。

====以上、翻訳====

訳者あとがき

音楽とかコンピュータ・サイエンスの領域が遅咲きの方が少ないというのは興味深いですね。でも、WEBサービスだったら年齢なんて全然関係無いですし、ビジネス全般で言ったらリタイアしてからスタートしてる人もたくさんいるわけですから、年齢なんて気にせずに学び続けて、自分のコレだ!ということに打ち込みたいですね。

もし周りに年齢を気にして何かをスタートするのを躊躇している人がいたら、ぜひこのインフォグラフィックを教えてあげて下さい。

KORY



遅咲き偉人伝

40歳から成功した男たち (アルファポリス文庫)

元記事:Late Bloomers – Late In Life Success

スタートアップピッチ応募者募集中!