How Many Times Should You Try Before Success?(成功するまでに何回トライしたらいい?)


あなたは(理性的に)やめるまでに何回努力しますか?

直感的に考えると、多くの人にとって生存本能が作動して止めてしまうまでに行うであろう試行回数がありそうです。その数はどれくらいでしょうか?

どうやらそれは思うより遥かに大きい数のようです。

how-many-times-should-your-try-infographic-animated-sketymr

(画像クリックで拡大表示)

スタートアップの世界は表面上の一瞬の成功で溢れています。

ウェブサイトを作成し、次の日には数千のユーザーが集まる…そんなことは1%の人にしか起きません。

それは何をあなたに意味しているのでしょう?

ほとんどの確率であなたはその1%ではありません。

そこで問題は、あなたが(それが無駄になる前に)何回挑戦するかになります。

「5126回」…ジェームス・ダイソン(ダイソン社の創業者)が掃除機の試作に失敗した回数。
10000回は(エジソンが)電球を発明するのにかかった回数です。

あなたが「吸引力の変わらないただひとつの掃除機」を作る運命にあると自分を信じるのであれば、これらの数はいくらか意味を持つでしょう。
しかしあなたがそう思わないのなら、5014回の挑戦をして、まだ終わりが見えない時のことを想像してみてください。


HOW MANY TIMES?(何回失敗した?)

【3回】スティーブン・スピルバーグは南カリフォルニアの映画大学を3回不合格になった。

【25回】ティモシー・フェリスのThe 4 Hour Work Week(「週4時間だけ働く。」)は25回出版社に断られた。

【162回】このインフォグラフィック(表)の制作者は162回このデータについての検索をした。

【300回】Pandora.comの創始者は資金提供を得るまでに300回投資家にアプローチした。

【400回】リチャード・ブランソンは彼が最終的に(「しゃれ」で)ヴァージン・ギャラクティック(宇宙旅行ビジネスを行う会社)を創立するまで、400回起業した。

【1009回】ケンタッキーフライドチキンを始めたばかりのカーネルサンダースは彼のフライドチキンのレシピを売ろうとして1009回拒否された。

【1500回】シルベスター・スタローンは後に映画「ロッキー」となる彼の台本と彼自身を売ろうとして1500回断られた。

【5126回】ジェームス・ダイソンは成功するまでに電気掃除機の試作を5126回失敗した。

【10000回】トーマス・エジソンは電球を発明するまでに10000回失敗作をつくった。

「失敗は成功のもと」と言いますが、5126回もこれまで挑戦したことがあったでしょうか…あなたが熱意を持って信じるものは、5125回失敗してもトライし続けられますか?