スタートアップピッチ応募者募集中!

ストリートアカデミーから学ぶ、ネットサービスであってもリアルな場を使ってコミュニティーユーザーのモチベーションの保つ方法


ストリートアカデミー」という様々なスキルやノウハウを持った先生と、それを学びたい生徒をつなぐマッチングサイトがあります。

比較的初期の頃に代表の藤本さんにお会いして、僕も「WEB制作知識もスキルもない人がWEBサイトを2時間で作成!講座」などの講座を持たせて頂いて、17回ほど開催させて頂いております。

ストリートアカデミーが他の教育系webサービスと異なるのは、リアルで対面(グループワークショップ形式が多い)のサービスにこだわっていることです。

さて、そんなストリートアカデミーさんでは先週「ストリートアカデミー2周年記念パーティー」が開催されました。ストリートアカデミーのスタッフの方、先生、生徒の方を含め多数の方が講座と同様に和気あいあいと楽しくお祝いをしたイベントをレポートします。

14279_normal_1407811355_fb____________2______
http://98871f387e9ba1ffc79c972d90.doorkeeper.jp/events/14279

代表の藤本さんの挨拶〜アイスブレーク的なゲーム

ストリートアカデミーの2周年を祝うのではなく、スキルの共有が始まって2年目を祝おう、という藤本さんの挨拶とともに乾杯、そしてストリートアカデミーに関するクイズゲームがスタート。クイズの中で知ったんですが、ストリートアカデミーってもう1000講座以上も講座があるんですね!ビックリしました。

一番正解の多かったチーム(テーブルごと)には豪華賞品がもらえるということで、最終的に満点だったチームにはなんとストアカTシャツが!!これは先生も生徒さんもすごく嬉しかったようで笑顔がこぼれます。

DSC_1075

遅れて来たのでツッコミを受けてすこしはにかみながらもしっかりTシャツをもらうbeezの鈴木さんとそれにしっかりツッコミが先生から入って全員笑ってたのも印象的でしたね。

DSC_1076

歓談の後、ストリートアカデミー賞

授賞式

先生と、そして生徒さんに贈られる表彰式です。去年は僕も頂いたんですが、今年の受賞された先生たちはもっと圧倒的でしたね。

素晴らしい笑顔をお伝えしましょう。

おなじみの衣装の藤本さん。
藤本さん

圧倒的な講座参加数を誇る生徒の方。
ロイヤル

WEBディレクション協会の方々。
ディレクション協会

アーユルヴェーダのロダン先生
アーユルベーダ

ぶっとび先生 植山先生。最も「いつか受けたい」が多い。とってもファンキー。
植山

写真講座の中原先生。教えた人数900人。スゴい。
カメラ

エクセル講座を1300人に教えている 熊野先生。スゴすぎる。
Excel

受賞者のみなさんでご一緒に。
受賞者一覧

コミュニティー型のマッチングサイトが育つには、時間とスティッキネスが必要

先生も生徒さんも全員で写真撮影をして、その後藤本さんの挨拶でイベントは締められました。
「じっくりストリートアカデミーを育てていきたい」、という藤本さんの言葉がとても印象に残りましたね。通常のマッチングサイトと違ってストリートアカデミーは教育コミュ二ティーの要素があり、マッチングサイトはユーザーのアクティブさを上げて行く事が非常に重要だと思います。(継続的・活発に教えてくれる先生と、そして継続的・活発に利用してくれるユーザーのどちらもが大切で、一番大切なビジネスの指標だと推測出来ます。)

そういう意味でもこの表彰式というのがストリートアカデミーさんが「先生に対して、どういった方向に頑張って欲しいのか」を明確に示していると思います。もともとストリートアカデミーには「Plutinum Teacher」「Gold Teacher」「Silver Teacher」という先生のランクがあるのですが、そういった部分がさらにこういった表彰に繋がっているのかがこのイベントに出た先生には伝わったのではないでしょうか。

また、このイベントに生徒さんもたくさん参加されていたのはとても印象的でした。先生だけでなく、生徒さんもこのイベントに参加し、先生と直に話し合って参加したい/興味のある講座の幅も広がったと思いますし、何よりストリートアカデミーの一員になったように感じたのではないでしょうか。これは、リアルイベントだからこそ感じられることだと思います。

リアルのイベントをどうユーザーのスティッキネスに繋げられるか、webサービスを運営されてる方は参考にされてはいかがでしょうか。

ぜひ、どんどんこのコミュニティーが広がって欲しいですね!

DSC_1155

DSC_1162

スタートアップピッチ応募者募集中!